戻る  詩-1  詩-2  詩-3


聖地

あなたがゆったりと やすらいで在る とき
あなたは 一つの 聖地
あなたの まわりの 人々や 生きものたちは
あなたという 聖地に 寄り添い
ゆったりと くつろぎ
命 新たに させて もらえることでしょう

あなたと あなたの 家族が
仲よく 互いに 尊敬 しあい
笑顔と よろこびと 感謝に あふれるとき
そこは 一つの聖地
あなたの 家や 家族の 居る ところ
気もちの 良い 空気が 漂い
みんなを 癒して 行くで しょう

あなたと あなたの まわりの 自然
それは 山々で あったり
水の 流れで あったり
また 小さな 虫達や 小鳥のさえずり・・・
風に ゆれる 七色の 小もれ日
土 大気 ひびき 光り・・・
静寂と 輝きに つつまれて 在るとき
生きとし 生けるもの たちの 命
生きいきと 在るとき
そこは 一つの 聖地

人々は なぜ 生まれて 生きて死んでいくの
どうして この世に 生を 受けたの?
それは
一人一人に 与え られた
聖地を 守って 行くため・・・
たくさんの 仲間たちと
聖地を 守り つながって 行くため・・・
よろこびを 持って 生き いきと
あなた 自身の 聖地を
生きて 行くのです
ひとつ ひとつの 暮らしの 中に
輝きと よろこびが あるときは
あなたの 聖地は
その 光の 深まりと 広がりをもって
世界を 癒して 行くこと でしょう
聖地 では
毎日が お祝いの お祭
生きとし 生ける 命たちの
よろこびの 集まり
この 世に 命を 与えられた
あなたは 一つの
聖地です

ふくい つよき